11月23日に開催される、「恋の魔法は魔理沙におまかせ!」略して「こいまり」に出品する「魔理沙」グッズの絵を描いてもらうにあたり、以下のような「お話」(毎度クダラナイお噺を一席)をでっち上げたので、この話を本にしたときの挿絵や表紙になりそうな絵を描いて欲しい。
(他にもやることがあるので、ざっくりとしたアイディアスケッチのようなものだが、こんな路線ということで...)


私は魔理沙、霧雨魔理沙。
永遠の、華のOL、18歳。

今夜も、箒に乗って、空を飛ぶわ。今夜も、茸を食べて空を飛ぶわ。

ベッドと椅子の間に竹箒を渡して、竹箒に跨って、茸を食べて空を飛ぶわ。

石神井公園の魔法の森で、メキシカンと思われる謎のマスクマンから手に入れた、魔法の茸を食べて、空を飛ぶわ。

箒に跨ると、竹の節目がコリコリしてちょっと痛いけど、次第に体が浮いてくるわ。

私が空を飛ぶと、金平糖みたいなパステルカラーの星達が、無数に飛び跳ねるわ。

なんて、なんて綺麗なのかしら。


私は魔理沙、霧雨魔理沙。
永遠の、華のOL、18歳。

でも、もう家賃も払えない。魔法の茸もあとわずか。

それでも今夜も空を飛ぶわ。茸を食べて、箒に乗って、空を飛ぶわ。

ベッドと椅子の間に竹箒を渡して、竹箒に跨って、茸を食べて空を飛ぶわ。

あんあんあんあん、ほうきさん、ほうきさん。(ハァハァ)
あんあんあんあん、きのこさん、きのこさん。(ハァハァ)


私は魔理沙、霧雨魔理沙。
永遠の、華のOL、18歳。

今夜も、茸を食べて、空を飛ぶわ。箒に乗って、空を飛ぶわ。
ベッドと椅子の間に竹箒を渡して、竹箒に跨って、茸を食べて空を飛ぶわ。

茸をしゃぶると、なぜかお金が貰えるの。茸に跨ると、もっとお金が貰えるの。そしたらまた魔法の茸を手に入れて、空を飛べるの。

赤い茸、紫色の茸、黒い茸...汚い色の毒茸ばかりだけれど、しゃぶるとお金が貰えるの。
(零=黒、一=青、二=赤、三=紫、四=緑、五=水色、六=黄色、7=白...
 イロ・イッカイヅツ!!)

そしたらまた、金平糖みたいなパステルカラーの星達に囲まれて、空を飛べるわ。

なんて、なんて素敵なのかしら。

私は魔理沙、霧雨魔理沙。
永遠の、華のOL、18歳。


...おしまい。


挫折や敗北や老いや死をイメージさせる、キまくってる絵をおながいしまつ。
(オマイにも、今に、暗黒面のスバラカシさがワカる!!)


 極東神殿騎士団本殿へ

..